ピアスは外した方が良い?

ピアスには、利用してもよい年齢などは別段決められているわけではないですが、だいたい15、6歳くらいの期間に付けるのが多いです。近年ではさらに早い年齢で身に付ける人もいます。世界の中では、赤ちゃんの時代にピアス孔の施術を実施するところもあるそうですので、地域や文化によってだいぶ異なります。
以前から衰えず、ピアスはファッションアイテムのカテゴリーで高い人気を得ています。細部のファッション性をアップさせるためには非常に有効的な製品でありまして、中でも女性からの人気は高いと思います。大半の方は高校生や大学生の頃から身に着けはじめますが、世界的に見れば小学生の頃からつけ始める方も存在するという話です。
全体的にピアスは手が出ないほど高額なアイテムではないため、ちょっとしたプレゼントにもなります。贈られた方も余り恐縮しないで済みます。便利な贈り物です。今度何かを用意したい相手がピアスを装着しているとしたら、素敵なピアスを贈ってみてはどうですか?すごく喜んでもらえると思います。
もともと日本では女の人が装着していたピアスです。ピアスでなくてもアクササリーをあれやこれやと付ける女の人には、ごく自然な形でピアスが広がっていきました。シンプルな作りのピアスを両耳に1つずつなら、仕事場でも女の人のピアスはオッケーです。大事な商談の場でもピアスは全然問題なしです。

ちょっと前まではピアスと言うと、この日本では女の人が身に付ける装身具の1つだったと言えます。ですが、男性芸能人などがピアスを装着したままテレビに出始めたため、一般の男の人もピアスを装着するようになっていきました。男性は片耳だけピアスを身に付けるなど昔はルールが存在しましたが、現代はそのようなルールも消えています。
岩波書店が出している『広辞苑』と言う辞書を見る限り、ピアスとは耳に小さな穴を開けて、その穴に通して付けるアクセサリーだと説明されています。英語で書いた場合pierced earringsとなっています。ピアスとはpiercedの日本語読みになると言えます。earringsの個所が省略されているのでピアスと呼ばれているのです。

耳たぶに取り付けるピアスが一般的ですが、古いローマにおいては、大人の男性が乳首の先にピアスを装着していたという記録も残っています。大昔のローマ人たちは半裸にマントを羽織るため、マントがずれないように乳首に付けた金具で留めていたのです。本来はファッションアイテムでなく生活日用品だったのです。
ちょっと前だとピアスは不良のアイテムというイメージがありましたが、現代ではピアスはオシャレなアイテムということで幅広く利用されるようになりました。とりわけ女性からの人気が大きくなっていますが、それに関しては昔のようにいかつめのデザインの品だけでなく、小ぶりでキュートな一品が増えたことが要因であろうと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*