ピアスをオーダーしてみよう

ピアスのキャッチのキャッチは、英単語のcatchです。何かを取る道具を意味していますが、英語の通り耳たぶを貫通したピアスピンの先端を押さえる器具です。ピアスが落下してしまわないようにピンを押さえ込む役割があります。粋なキャッチも現在は出ているので遊び心を忘れずに選んでみるといいです。
ショップで提供されているピアスに使用されている素材は、ほとんどが銀メッキやいくつかの素材を混合したものを使用しています。表記に「GP」と記載されているのであれば、まず表面はメッキと考えてもらって大丈夫です。アレルギーが心配なみなさんは、セラミックや316L(サージカルステンレス)、もしくは医療用樹脂などといったものを使ったピアスを購入すると安心でしょう。
ファーストピアスの外し方ですが、キャッチを固くしているのでぜんぜん外せず苦労する方がいると聞きます。上手なやり方としましては、付けている側とは反対の手でスタッドの頭部をちゃんと持ち、もう片方の手でキャッチを引っ張って取ります。キャッチが取れたら、あとはピアスホールと位置を保って胴体を抜いて行けばOKであります。
メーカーや素材により違ってはきますが、普通のピアスの価格帯はおおよそ1000円から2、3000円くらいで買えるはずです。ではピアス穴を開ける値段はといえば、ピアス代も含めて6000円から12000円くらいに設定されております。施設が違えばかなり金額も変化してくるので、調査してみたほうがよいでしょう。

ピアス類をオーダーメイドで製作する場合ですが、ちゃんとしているところに頼めば本当にどんなデザインでも造りあげてくれるらしいです。「あのメーカーと同様の形状の一品が良い」とお願いしても、そっくりに造ってくれるそうです。自分で持っている天然石を埋め込んでもらうなんてこともOKですので、ぜひ軽い気持ちで相談してみましょう。
お風呂場でピアスの穴を手入れする場合は、普通の固形せっけんの泡を耳にあててください。しっかりとホールができあがる前は決してこすってはいけません。ピアスが付いた状態でいいです。立てた泡だけをホールの表面と裏面にちょっと付けてそのままにしてみましょう。泡だけで洗浄にはなります。毎日継続してください。

ピアスをハンドメイドしたいと思ったとき、専門のお店に足を運べばピアスを形成している部材がそれぞれ販売されているので、利用するとよいと思います。金属にデザインをあしらえるような工具なども存在しますので、それだと完璧にオリジナルの一品が作り出せます。ピアス作りを開始してみますと、かなり楽しいらしいですよ。
自分でピアスのホールを作る器具をピアッサーと言います。市販品ならどれだけでもあり、使い方も簡単なため、自宅でも平気です。ですが、やはり安心を重視するなら、病院やクリニックの内科医にお願いをしましょう。似ている器具を使用して開けるのですが、より安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*