自力でピアスの穴を開けてしまうと、耳のトラブルが生じやすいです。ピアスのホールが斜め方向に開いたり、ピアスの穴の中が化膿してしまったり、アレルギー反応が出たり、いろいろです。どのようなトラブルが起こるかはっきりしないので、可能な限りピアスは病院やクリニックで作りましょう。病院の方がいろいろなトラブルを的確に回避できます。
一番最初にピアスを使おうと思った際、失敗例として多いのがファーストピアスに関係したことです。ほどこしたピアス孔を安定させるために使用するこのツールなのでありますが、定着するのが待てずに外してしまって穴が閉じてしまったといったような事例がたくさんあるみたいです。短くとも4~6週間ほどは取り付けていないとダメなのだそうです。
無理なくピアスを利用している限りは、病気になるようなケースはありません。ですが、ピアス穴をはじめて開けた段階では注意しましょう。開けたての穴は傷と同じようなものであり、対処を間違えれば化膿してしまったり、または菌が侵入して病気になる危険性がありますので、注意しなければなりません。
耳に大きな傷口を持っている人を目にしたことがあることと思います。それは、ピアスが何かに絡まったりして穴がちぎれてしまった傷跡です。ピアスには、そのような利用上の危険性が秘められているのです。しっかり接着できる型のものならまだよいのですが、アメリカンタイプのものなどは絡まりやすいので気をつけてください。

ピアスで成功したいと考えたら、正しくピアス孔を作るのが肝心だと言えます。実を言うと、ほんの少々金属アレルギーを持っていた方が、ピアスを身に付けたことが影響し途端に症状が出てくるといったようなケースがかなりあるといいます。ピアス孔を入れたらすぐに取り付けるのではなく、傷口がすっかり癒えてから利用するようにしましょう。
お風呂に浸かる時に、ピアスを付けたままかどうかは人によってバラバラであろうと考えられます。煩わしいのでそのまま取り付けて入浴してしまう人もいれば、失くすのが不安なので外してから入る人もいるはずです。しかし、一般的な観点から言わせて頂ければ衛生上あんまりよろしくありませんので、取ってから入浴したほうが良いと思います。

市販のピアスを選択する際のポイントについてですが、プライベートで使用するものであるならばどんなユニークな見た目であれ好きなものをセレクトしてOKでしょう。ですが、職場にも利用したいとなりますと、あまりにもゴテゴテしたものは適しません。ミニサイズの宝石が付いた程度の、シンプルめなものを選ぶようにするのが一般常識であります。
全身のさまざまな部位にピアスを入れるホールを付ける際ですが、肉体に穴を通すわけですから絶対に痛みは生じます。施工箇所を最初に氷などを利用して冷却しておいたり、輪ゴムなどでぎゅっと縛り血を止めたりしてからやってみると痛みはあまり感じなくなるとされています。耳や軟骨などは、それほど痛みを感じることなく穴を通せるそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*